5/25 Sat. ❖ハーモニカコンサート !! The Who-hooo

- -
Harmonica Concert

半原ライブ第13回は,ハーモニカカルテット“The Who-hooo”を迎え,ハーモニカコンサートを行います.The Who-hooo は,1996年に,地元愛川町と厚木市在住のメンバーで結成されて以来,23年間、東京・神奈川はもとより,北海道から九州まで全国各地で演奏活動を続けるハーモニカカルテットです.
大きさも音色も異なるさまざまな種類のハーモニカが織りなす豊かなハーモニー.半原にある小さな木造りの教会.きっとハーモニカサウンドの圧倒的な魅力に触れていただけると思います.ぜひお越しください.
 今回も収容人数の都合で予約制になります.定員を40名といたします.電話もしくはEmailでお申込みください.
046-281-0673
Email:hanbarachurch@gmail.com

定員一杯となり次第,締切らせていただきます.


ハーモニカコンサート・The Who-hooo

<a href="https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Musician-Band/The-Who-hoo%E3%82%B6%E3%83%95%E3%83%BC%E3%83%95%E3%83%BC-295603377154532/" target="_blank" title="The Whoo-hooo facebook"> The Who-hooo facebook

◎2019年5月25日(土)午後4~5時30分
 (開場:3時30分)


■プロフィール
1996年11月、ハーモニカカルテットを結成。2000年6月の「FIHハーモニカコンテスト」にて『フォスター名曲メドレー』で第2位入賞。2002年8月、日本初開催の「アジア太平洋ハーモニカ大会」にて『ハンガリア舞曲第5番』で銅賞受賞。2004年6月「FIHハーモニカコンテスト」、『サウンド・オブ・ミュージックメドレー』で第1位。2006年9月、「HOOP☆2006ミュージックコンテスト」で優秀賞受賞。2008年6月、「FIHハーモニカコンテスト」で『スタジオジブリ・メドレー』で第1位。
 この間1999年3月にはNHKテレビ『いっと6県』で練習風景が、翌月にはNHKラジオ『ネットワークにっぽん』、2000年7月にはNHK海外向け放送「ラジオジャパン」のトレンド情報番組でライブコンサートのひとこまが紹介される。同年11月にはNHKラジオ『いきいき倶楽部』に生出演し、『浜辺の歌』が放送された。2005年7月にはNHK FM横浜の情報番組で『イムジン河』オンエアー。2008年8月テレビ神奈川の子供向け番組『パペットマペットのサイエンスでしょ』では『世界にひとつだけの花』、10月FMヨコハマ『モーニングステップ』では『夜霧のしのび逢い』などの演奏曲が放送される。
 2007年3月には結成10周年記念コンサートを開催、その模様の一部が『ハーモニカマガジンDVD』に収録される。またCDブック『森本恵夫のこれぞハーモニカ』(発行kmp 定価2,625円)に『舟唄』『瀬戸の花嫁』など4曲の演奏が収録される。
 2007年以降、毎年夏には長野県上田市の信州国際音楽村をはじめ、長崎、広島、島根、山口、岡山、徳島、香川、富山、仙台、福島、秋田、山形、札幌、長野、名古屋、赤穂、神戸、奈良、静岡、東京、千葉、埼玉、茨城など全国各地に招かれて演奏のほか、山口の「中原中也記念館」、東京「ヤマハホール」、「読売ホール」そして「ヤクルトホール」、「浅草公会堂」、文化庁などでも演奏。 
 現在も地元神奈川・東京を中心に演奏活動を続けている。2010年4月には『ハーモニカ便り』をリリース、2014年2月には2枚目、3枚目となるCD『昭和よ』『過ぎし日の』をリリースした。

■主なレパートリー曲(順不同)
サウンド・オブ・ミュージックメドレー フォスター名曲メドレー スタジオジブリメドレー ラ・クンパルシータ ジェラシー シクラメンのかほり 五番街のマリー 別れの朝 恋人よ 待つわ 百万本のバラ 見上げてごらん夜の星を YMCAヤングマン マイ・ウェイ TSUNAMI 赤とんぼ 浜辺の歌 七つの子 通りゃんせ 雪の降る街を お祭りマンボ 誰か故郷を想わざる さざんかの宿 津軽海峡冬景色 高校三年生 川の流れのように 涙そうそう 湖畔の宿 あざみの歌 青い山脈 高原列車は行く 丘を越えて 少年時代 水色のワルツ 舟歌 リンゴの唄 他

◆いくつかのアナウンス
①宗教勧誘やアンケート,また寄付の強要など一切ありませんので,安心してご予約ください. いただいた電話番号またメールアドレスは,止むを得ない事情での休演の連絡以外には使用しません.ライブ終了後,消去いたします.
②一年に6回~8回の開催を継続していくために「開催応援金」として500円の入場料をいただきたいと思います.なにとぞ,ご協力くださいますように,お願い申し上げます.

ページトップ