春のチェロコンサートの報告

❖春のチェロコンサートの報告
 3月3日(土) に、チェリストの岩瀬うららさんとピアニストの櫻庭美奈子さんを迎えて、春のチェロコンサートを行いました。予想どおり、素敵な時間となりました。小さな木造りの礼拝堂に、ピアノを友として、チェロが嬉しく響いて、聴く人たちに幸せを届けてくれました。
 プログラムは次のとおりです。 
J.S.バッハ  無伴奏チェロ組曲第1番より プレリュード
         G線上のアリア
エルガー     愛のあいさつ
サン=サーンス  白鳥
ショパン     幻想即興曲 (ピアノソロ)
クライスラー   シンコペーション
ドヴォルザーク  わが母の教えたまいし歌
      ♪  休憩  ♪                  
シューベルト   アルペジオーネ・ソナタ イ短調
第1楽章 Allegro moderato
第2楽章 Adagio
第3楽章 Allegretto

 とても粋なプログラム進行でした。一言もなしに直ぐに演奏が始まりました。心地よい緊張感の中、“G線上のアリア”を弾き終えてから、御二人の自己紹介があり、そして、「わたしたち二人から皆さまへの愛のご挨拶です」と、エルガーの“愛のあいさつ”が演奏されたのです。 初っ端で、聴く者はハートを掴まれてしまいました。
IMG_5440.jpg
 プログラムの前半はチェロの鉄板曲をお願いしました。後半のシューベルトの“アルペジオーネ・ソナタ”に関しては、“アルペジオーネ”が楽器であることも知らない人(私自身)には、ポピュラーとは言えないかもしれませんが、蘊蓄など何のその、奏でられる音、響きに魅了されました。
IMG_5449.png

※今回も予約制にしました。2月上旬で40名定員一杯の予約があり、早々と予約受付を締切りました。定員満了後にご連絡くださった方々には、まことに申し訳ございませんでした。どうか、次回のコンサートには、お早めにご予約(電話またはEメイル)くださいますようにお願い申し上げます。
 当日の出席者は出演者と開催ボランティアを入れて45名。礼拝堂にまったく空席がなくなりました。その内、半原教会員は牧師を入れて5名(現住陪餐会員7名)、40名が他教会員と近隣の人たちでした。
※今回も藤沢、横浜、鎌倉からサポート会員が来てくださいました。 本当に力づけられます。ありがとうございました。
IMG_5447.png  IMG_5448.png

❖新聞に折込んだフライヤー
チェロコンサートのフライヤー